プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「認知症サポーター養成講座」を開催

4月17日(第3木)のケアラーズカフェKIMAMAで、「認知症サポーター養成講座」を開きました。
9月に企画予定の認知症専門医の講演会に先がけて、初歩的な知識を学んでおこうというもの。
当日は経堂あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)の主任ケアマネージャーから、認知症とはどういうものか、どのように対処したらよいかという説明があり、講義のあとビデオを観ました。
参加者はメモをとるなどして、皆さん熱心に聴き入っていました。
質疑応答の場面では、講座を受けた後、認知症サポーターとしてどのように活動するのか?という質問が投げかけられました。
これまでのところ、認知症サポーターの資格をとっても特に活動の場が設けられているわけではない、との返答でした。
しかし、経堂あんしんすこやかセンターでは経堂、宮坂、桜丘の3地区を対象にした「認知症相談窓口」設けているので、今後はそこでの活動が期待されるのではないかとのことでした。
せっかく認知症サポーターの資格をとっても、活躍の場がなければ宝の持ち腐れというもの。
世田谷区では、2019年に梅ヶ丘病院の跡地に「世田谷認知症在宅生活サポートセンター」を建設する計画があるとのことですから、将来的にはこのような施設で活動の場が広がるかもしれませんし、行政側にもそのように期待したいものです。
認知症のことで分からないことや困ったことがあれば、都立松沢病院の「もの忘れ外来」を気軽に利用してほしい、とのお話もありました。
都立松沢病院は5年ほど前に総合病院としてリニューアルし、いわゆる昔の「精神病院」のイメージを一新したそうです。
この地域の近くにこのような「認知症専門外来」があることは、心強いで限りだと思います。IMG_0886_convert_20140419162230.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。