プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西宮で開かれた「かいご学会」の記事

昨日ある新聞を読んでいたら、興味深い記事が目に留まりました。3月16日に西宮でNPO法人つどい場さくらちゃん主催で「かいご学会」なるものが開催され、交わり、集いがテーマだったというものです。
第1部は、中村仁一医師と長尾和弘医師による「自然死」についての放談。第2部では介護家族と全国各地のつどい場の主宰者による話し合い。第3部は三好春樹氏の講演となっていました。第1部と第3部の登壇者は医療、介護の現場ではお馴染みの面々。その場の雰囲気が伝わってきそうです。
第2部の登壇者の一人、新潟の河田桂子さんはコミュニティカフェの代表格ともいえる「うちの実家」(現在は「実家の茶の間、夜の茶の間」)の主宰者として名の知られた人です。
要介護4の夫を在宅介護している女性のこの言葉は印象的でした。「話をゆっくり聞いてくれて、相談できるのがつどい場。在宅介護を続けるには「つどい場が必要」。これは、ケアラーズカフェの原点だという気がしました。
それから、つどい場さくらちゃんの、「西宮市では、無理せずに自宅を開放する「住み開き」がひろまりつつある」という発言には、あらためて背中を後押しされた想いがしました。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。