プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年初めてのケアラーズカフェ

1月15日(第3木) この日は朝から冷たい雨が降り始め、午後にはどしゃぶりになってしまいました。こんな日でも来てくださる方達に感謝です。参加者は少ないながらも皆さんでじっくりとお話をすることができ、「たまにはこういうのもいいわね」とおっしゃっていただけました。
近所のヤングケアラーの女性に先日お声かけをしておいたのですが、お天気のせいでしょうか?今回はおいでになりませんでした。

ケアラーの方2名の近況報告:
若年性アルツハイマーの義母を介護していた幼稚園児のママNさんが火曜日のコミュカフェに来て報告してくださいました。
お義母さんの問題行動がますます激しくなり、マンションの階下の住人からたびたび苦情が寄せられるに及んで、遂にお手上げ。家族と相談の上、実母を介護中のお義父さんが引き取ることになったそうです。
「小さい子供を抱えながらの1年近くの介護は毎日本当に大変だったけれど、私自身も学ぶことが多々ありました。」
晴れやかな彼女の顔を見てほっと安堵する一方で、実母と妻二人を介護することになったお義父さまのご苦労を思うと
なんだか複雑な気持ちでした。もう少し初期の段階で出会えていたら、もっと何か手助けできたかもしれないと悔やまれます。
今後も何かあればいつでもご相談くださいとお伝えしておきました。

ケアラーズカフェの常連だったTさんの場合は、昨年の夏に足の骨折が原因で要介護になった母親の日々の介護で疲労困憊し、彼女自身の心身の健康が危ぶまれる状態でした。経堂あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)に伝えてそれなりの手立てを講じてもらえるように依頼したのですが、支配欲の強い母親に過度に依存しているため、なかなか介入できずに苦労したようだと聞いて、気になっていました。つい先日、道でお会いしたので、その後の様子をお尋ねしたところ母親と別の曜日に彼女本人も週3回デイサービスに通うようになり、やっと眠れるようになり、入浴もできるようになったと明るい表情で話してくれました。母娘を引き離すため担当のケアマネージャーさんが英断してくれたようです。
あんしんすこやかセンターさんの話では、客観的に介護が必要だと判断されても、家族関係が複雑だと介入が難しいケースが多々あるとのことでした。IMG_1623_convert_20150116091922.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。