プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月20日のケアラーズカフェでは

IMG_1534_convert_20141201110635.jpg
IMG_1531_convert_20141201110552.jpg
IMG_1536.jpg
IMG_1536_convert_20141130165108.jpg
11月20日(第3木) 12回目のケアラーズカフェを開きました。この日は、61歳の若年性アルツハイマー症のご本人が参加される予定だったのですが、当日の朝お嫁さんから「幼稚園児の娘が高熱をだして行かれなくなった」との電話があり急遽キャンセルになりました。少々緊張の面持ちで待機していたので、ちょっと拍子ぬけに…
それでも、母親を遠距離介護中のYさんとNさん、それに100歳の義母を在宅で介護中のNさん等が参加してくださいました。
昨年の9月の開設以来ほぼ毎回いらしていたTさんは、90歳のお母さんが今夏足を骨折したのを機に、要介護となり、最近はお顔を見せなくなりました。
東京都市大学の学生Hさんと日比谷花壇のSさんはもう何度か足を運ばれています。Hさんは「ケアラーズカフェ」を卒論のテーマにしたいとの意向で、今回はアンケートを持参しました。
NPOナチュラルリングトラストのTさんは今回2度目の来訪で友人のSさんとKさんを伴って現れました。
経堂あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)のI さんと傾聴ボランティアMのさんには、介護者の相談役として参加していただきました。
傾聴ボランティアのMさん自身も20年間在宅で母親を介護した経験がある方。介護保険制度も認知症ということばもなかった時代の苦労話をきっかけに、介護者それぞれの近況等へと話題が広がっていきました。

前述のTさんには最近道で何度かお会いする機会があり、介護のためかなり疲労困憊している様子が窺えました。
たまたま18日(火)のコミュニティカフェにいらしたので、ケアラーズカフェにも来てくださるようお誘いしていたのですが、
現れませんでした。
Tさん自身が精神的にもかなり追いつめられているふうでしたので、経堂あんしんすこやかセンターのIさんに相談してみました。Tさんの母親の介護認定の世話をしたI さんの話によると、複雑な母娘関係らしく、何事もお母さまが決定権を持ち、Tさんはそれに逆らえないようだとのこと。自宅での介護が大変になってきているため、いろいろなサービス」を利用するよう勧めても、お母さんが「イヤ」といえば先に進めないないのだとか。それに、窮状を訴える当のTさんも、介護の大変さを他人に聴いてもらいたいという想いはあるものの、積極的に」サービス」を利用する気がないのだそうです。
それでもTさん自身が精神的に相当参っている様子だと伝えると、信頼できるケアマネージャーが担当しているので、現状を伝えたうえでしばらく様子をみましょうということになりました。
介護の問題はそれまでの母娘関係や嫁姑関係、それに夫婦関係が絡むので、難しいケースが多々あると分かりました。
Tさんの場合は母親への依存度が大人になっても続いているようですので、場合によってはカウンセリングが必要かもしれません。
在宅で介護していたお母さまを今夏亡くされ、現在は100歳の義母を在宅で介護中のNさん。持病の喘息がでたと聞いいており、しばらくお顔を見なかったので心配でしたが、思ったよりはお元気そうで安心しました。
「母の納骨が済んでホットして疲れがでたんでしょうね。」そうおっしゃるNさん。普段は介護の苦労や愚痴などほとんど口にしない方なので、周りがそれなりに気遣ってあげる必要がありそうです。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。