プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会「高齢期はどこで暮らしたらいいの?」

10月18日(土)、終の住処について考えてみようということで、講演会「高齢期はどこで暮らしたらいいの?」を開催しました。講師はジャーナリストの浅川澄一氏。長年、 医療や介護の分野で取材、執筆活動をされており、国内外の医療や介護事情、高齢者住宅に関する様々な視点からの調査・研究に取り組んでおられます。
介護が必要になった時、どこで、どのようなサービスを利用しながら暮らせばいいのか?世田谷区の現状も是非お話しくださいと講師に予めお願いしておいたので、事前に講師と世田谷区役所に同行することに。世田谷区副区長と高齢福祉部高齢福祉課と介護予防・地域支援課の課長さんにお会いすることができ、近々ホームページにアップされる予定の「世田谷区内地域密着型事業所一覧(地図化されたもの)とその他の施設等一覧を入手できました。
講演会当日はこれらの資料をもとに、世田谷区で介護が必要になった時、自宅で暮らし続けるにはどのようなサービスを利用すればよいのか、重度になって自宅生活が難しくなったらどのような施設に入所すればよいのか、また認知症になったらどのようなサービスを利用して、どこで暮らせばよいのか等をお話しいただきました。参加者の大半は60~80代の夫婦二人か一人暮らしの方達で、介護や認知症等は身近かつ切実な問題。参加者の皆さんは配布された地図で、近隣の地域密着型サービス事業所を照らし合わせながら説明を受けたので、とても分かり易かったとのことでした。
医療と介護制度の大改革、地域包括ケア、高齢期のすまい、認知症、QOL(Quality of Death)等についての、具体的な事例を挙げながらの、時に、お得意の毒舌まじりのお話しぶりには、会場から笑いが起こることもしばしば。終始IMG_1424_convert_20141022110949_20141022161138091.jpg
IMG_1448_convert_20141022111150.jpg
IMG_1445_convert_20141022111114.jpg
IMG_1434_convert_20141022111034_20141022160827c93.jpg
IMG_1451_convert_20141022111300.jpg
和やかな雰囲気でした。講演会終了後、参加者からは、「内容豊富でおもしろかった」「具体的で分かり易かった」[
役に立った」「もっとお話を聴きたい」などの声が寄せられ、大好評でした。10月は他の様々なイベントと重なってしまい、参加者の人数が気がかりでしたが、区議会議員さんも駆けつけてくださり、
そんな懸念も吹き飛ぶ程の盛況ぶりでした。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。