プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会「認知症について知り、地域で支えるために」を開催

9月28日(日) 精神科医師 上野秀樹先生をお招きして、「認知症について知り、地域で支えるために」というテーマで講演会を開催しました。主催は市民活動団体ZUTTO-KOKO.住み慣れた地域で、齢をとっても、認知症になっても、誰もが安心して暮らし続けられるネットワークづくりをしたいと、今春3月立ち上げた市民活動団体で、昨年9月に開設した家族介護者のための「ケアラーズ カフェKIMAMA」を軸に活動しています。
最近は毎日のように新聞やTVで取り上げられ、今や社会問題化している認知症。高齢者人口が172,000人、高齢化率が19.8%となった世田谷区でも、認知症に対する関心が高まっているためか、当日は予想を上回る参加者で、30名定員の会場が満杯になりました。
講演内容は認知症についての基礎知識から始まり、認知症の人への対応の仕方を学ぶものでした。
いわゆる認知症の周辺症状といわれる問題行動にも、必ず原因となるものがあること。その人の生活歴の中にそのヒントがあり、それを知ることにより症状が改善されるということを、実際の映像を観ながらお話しIMG_1374_convert_20141022110520.jpg
IMG_1386_convert_20141022110758.jpg
IMG_1376_convert_20141022110555.jpg
IMG_1396_convert_20141022110848.jpg
いただき、皆さん納得されたようでした。「認知症の人や障害のある人が暮らしやすい社会は、普通の人も暮らしやすい社会」上野先生が常日頃主張されていることが、理解できる内容でした。
当初お話ししていただく予定だった、最近話題の「ユマニチュード」は時間切れのため次回に持越しとなりました。
認知症の人ばかりではなく、家族や高齢者の介護にも有効だとされるこのケア法への関心は高く、再度企画を検討することになりました。
とても気さくで、尊大さのかけらもない上野先生のお人柄にはファンが急増中。今春3月で桜新町アーバンクリニックをお辞めになられて残念だと思っていたところ、同診療所が受託している「認知症初期集中支援チーム」のモデル事業に引き続き携わっていらっしゃると知り安心しました。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。