プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ福祉視察ツアー体験記 5日目 アムステルダム郊外「ホグウェイ」

5日目は今回の視察ツアーのハイライトである場所を2か所訪問した。ケア ファーム「アムステルタウン」と認知症村「ホグウェイ」だ。午後の視察先の「ホグウェイ」は、アムステルダムから車で20分程の田園地帯の中にある。
認知症の人だけが暮らす「村」として、今や世界中から注目され、英国のガーディアン紙が昨年、「認知症の人のテーマパーク」等と報じ、世界各国から視察団が訪れているという。入り口は施錠されていて、厳重な警戒態勢である。
年々視察者の数が増え、かなりナーバスになっていると感じた。今回私達も半数の人数しか受け入れてもらえなかったし、認知症の人の写真は絶対に撮らないことと、念押しされた。どうやら認知症の人の家族からクレームがでたことがあるらしいとのことを後から聞いた。
ホグウェイのエントランスホールに足を踏みいれると、右手には食品や生活用品(大人用オムツもある)等を扱うスーパーマーケット、左側にはレストラン、理容院や美容院がある。施設内にはコンサートホールやバーもあり、一つの街のようだ。
また、通りには音楽や手芸、料理等多くのクラブがある。その日は音楽クラブの活動を見学することができた。
指揮をする男性は以前音楽に携わる職業だったのだろう。声量のある歌声で、酔いしれるように歌っていたのが印象的だった。きっと昔の自分にもどっていたのだろう。
実は、ここは以前は病院のようなナーシングホーム(特別養護老人ホーム)だったのだが、スタッフの総意で、「自分が入居したいような」施設にと、2007年に建て替えられたのだという。
現在は認知症の人152人が暮らすナーシングホーム。7人ずつ8ユニットと6人ずつ16ユニットで構成されていて、それぞれのユニットには居室を挟むように共有の厨房と食堂それにリビングルームがある。
各ユニットはすべて通路や道路でつながっている。
24のユニットの運営法が特徴的である。ライフスタイル(生活歴)を7つに分類し、同じライフスタイルの人達が同じユニットで暮らしている。認知症ケアには生活歴の把握が欠かせないということだろう。そのため事前に、家族に、認知症者本人の居住地域、思想、マナー等40項目の質問に答えてもらい、本人のライフスタイルに合ったユニットを選択できるようにアドバイスしているそうだ。
7つのライフスタイルとは、都会派タイプ(Urban),職人タイプ(Homely)、文化人タイプ(Cultural)、インドネシアタイプ(Indonesian)、富裕層タイプ(Well-to-do)、保守派タイプ(Traditional)、クリスチャンタイプ(Christian)で、入居後別のユニットに移ることも可能だという。
費用は1日24,000円弱、月に700,000円位で部屋代、食費、医療費、介護費用が含まれる。
ここで働くスタッフは240名でそのうち常勤が170名、夜勤の配置は入居者30人に対して1人だそうである。
このほかに120人のボランティアが活動しているとのこと。
点滴や胃瘻は造設せず、自力で食べられなくなった場合も延命処置はせず、自然な形の看取りを心がけているとのことである。

画期的な認知症村として当初はそれなりに期待していたのだが、実際に見学してみるとさほどの感慨がなかったのは何故なのだろう?
その理由のひとつが周辺地域との交流が全くないということ。出入り口は施錠されていてまるで集団刑務所のよう。そういう人もいれば、どこのグループホームでも出入り口は施錠しているから同じという人もいて、感想はひとそれぞれだった。
ただ、他のケア付き住宅(グループホームの類)が市内にあるのと違い、ここは郊外の田舎という立地から、外界からIMG_9386_convert_20140713132928_20140713155208a3d.jpg
IMG_9381_convert_20140713132842_2014071315514203e.jpg
IMG_9369_convert_20140713132733_201407131550570fe.jpg
IMG_9389_convert_20140713133126_20140713155340dbe.jpg
IMG_9387_convert_20140713133035.jpg
IMG_9358_convert_20140713132311_2014071315482255f.jpg
IMG_9359_convert_20140713132418.jpg
IMG_1264_convert_20140713131732_20140713154448715.jpg
IMG_9329_convert_20140713132218_201407131546380e3.jpg
隔離されている感は否めなかった。
あるいはピリピリした職員の態度によるものも影響したのだろうか?ここでも、Keyzerで経験した、視察する側と視察される側との想いの違いを感じた。去年の視察時よりさらに制限されていて、ライフスタイル別のユニットもHomely型とWell-to-do型しか見学させてもらえず、それぞれの特徴も今ひとつ分からなかったせいもあるかもしれない。
いずれにしても、午前中に視察したケアファームの印象が素晴らしかったので、それとは対照的に映ったせいもあるやもしれない、そう感じた。但し、ケアファームはあくまでデイサービスで暮らす場とは違うのだから、単純に比較することはできないのだけれど…

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。