プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ福祉視察ツアー体験記 4日目 アムステルダム「カイザー」

4日目の午後は、新開発地区アイベルグの「メイボーム」を視察した後、アムステルダム市内にある複合型施設「カイザー(De Keyzer)を訪問。Keyzerとはカエサルすなわちジュリアス・シーザーのこと。偉大なローマ皇帝にちなんで名付けたのだと思われる。人口密度の高いアムステルダムで環境にそうように造られた建物内にある。認知症の人6名が1ユニットで暮らしていて、全部で6ユニット、計36名。その他の障害者8名と合わせて44人が入居している。いわゆる Small Scale Living Unitだ。
デイサービスも併設していて、施設の隣には家庭医、薬局、在宅ケアセンター(地域包括支援センター)があり、近隣には歯科医もいるので、近隣の住民も利用できるようになっている。施設内部に設けられていた「瞑想の部屋」は紫色の壁で装飾されていて、なんだか日本のカラオケ ルームみたいな感じがした。

パーキンソン病で入居しているという元新聞記者の部屋を見せていただいた。親日家だという彼の部屋には日本のタンスが置かれ、浮世絵その他書籍等、日本の物のコレクションが数多くあった。車椅子に乗った彼は不自由な手を動かしながら、1枚の日本のハガキを取り出して、一生懸命何かを伝えようとするのだが、私達は時間がないからと急かせれて次の場所へ移動しなければならなかった。その場を立ち去り難く、なんともやりきれない気持ちになったのは私だけだはないはず。視察だと称して突然ガヤガヤと訪れられ、平穏な日常を乱される。視察される側の気持ちはどんなだろう?昔は新聞記者で取材する側だったその彼は、どんな気持ちで受け止めたのだろう?その気持ちは察するに余りある。今回の視察旅行で深く印象に残った出来事の一つだった。IMG_9087_convert_20140712165120.jpg
IMG_9103_convert_20140712165438_201407130929124d9.jpg
IMG_9108_convert_20140712170048.jpg
IMG_9113_convert_20140712170206.jpg
IMG_9115_convert_20140712170304_20140713093440be6.jpg
IMG_9117_convert_20140712170402_20140713093527c6a.jpg
IMG_1179_convert_20140712171651_2014071309364356c.jpg
IMG_1180_convert_20140712171731_20140713093744cfa.jpg
IMG_1186_convert_20140712171903.jpg
IMG_9120_convert_20140712170716_20140713094016aa0.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。