プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ福祉視察ツアー体験記 4日目 アイベルグ「メイボーム」

ツアー4日目の午後はアムステルダム北部の人口の島、アイベルグにある「メイボーム(5月の木の意味)」という生涯住宅(Lifetime Housing)を訪問。アイベルグは海を干拓して新しく作った計画的な都市で、市民の要求にそってできた街。
1997年に開発に着手し、2012年には45,000人、18,000世帯が暮らすようになった。新しい都市計画作りのモデルとして世界各国から視察に来る。ここには富裕層から低所得者、高齢者から子供、健常者と障害者、ケアの必要な人、ケアの不要な人まで様々な人達が暮らしている。人種も様々で、トルコ人やモロッコ人は18歳以上になっても家族が一緒に住むため、大きな住宅もある。ホームレスのための住居まである。IMG_8988_convert_20140712151914.jpg
IMG_9047_convert_20140712152821.jpg
IMG_9056_convert_20140712153102.jpg
IMG_9037_convert_20140712152702.jpg
IMG_9052_convert_20140712153016_201407121641372c2.jpg

アダプタブル住宅と呼ばれる70㎡のバリアフリー住宅が全住宅の5%ある。高齢者・障害者向けのケアセンターが3か所あり、ショートステイ用に3室、障害者中心の住宅が16室ある。ここの利用者はLDに来て食事を摂るが、食事は配食サービスを受けて温めるクックチル法式。利用者は19人で、利用者1.6人に対して1人の職員が配置されている。
日中5人、夜間3人、深夜2人の体制で地域を巡回している。ケアーセンターには週に2回家庭医が訪問し、訪問看護師・介護士やソーシャルワーカーも来てくれる。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。