プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ視察ツアー 体験記 3日目 デンハーグ 「アーフェスリンゲ」

オランダ視察ツアー3日目の午後は、デンハーグにある大型認知症施設「アーフェスリンゲ」を訪問。
創設者はアフィエという女性で、2つのタワーでつながっている現在の建物は半年前に新築。それ以前は200m程離れた場所で同じような認知症対応の施設を30年間運営していたとのことです。運営費は全額、基金で賄われているそうです。
11階建てのタワーの方には認知症者が入居しており、9名で1ユニット、計10ユニットの90名と、7名で1ユニットの合計97名が各階に居住しています。このタワーの入居者は日本でいうと要介護度4~5位の人達だそうです。ここは自宅の集合体という考えに基づいて運営されており、家族や友人の出入りは自由で、各々のキッチンを使って料理もできるようになっています。施設内にはレストランやカフェテリアもあり、共有スペースではゲームや読書その他の趣味を楽しむことができます。
但し、認知症者は身に(ペンダント等)センサーをつけていて、付添いなしでは外出はできません。
また、廊下やエレベーターその他施設内のいたる所に監視カメラが設置されていますし、センサー付きの部屋もありますから、24時間監視されているという感じがしないでもありません。
案内された部屋は  75㎡位の2DK,日本の25㎡と比べるとかなり広く、窓も大きいです。入居料は1,000ユーロから3,000ユーロ(日本円にして14万円~42万円位)で、低所得層から富裕層まで、誰でも入居できます。低所得者には保険があるので実質7万円位の入居料で済むとのこと。
もうひとつのタワーは自立者向けの住宅で、40名が入居しているそうです。
介護職員は53人、それにボランティアが75人。その他、カフェテリアやレストランで働く人、掃除をする等をする人45名はボランティアではないとのことでした。
IMG_8566_convert_20140706111031_201407061229132cd.jpg
IMG_8535_convert_20140706110317.jpg
IMG_8565_convert_20140706110939.jpg
IMG_8564_convert_20140706110836.jpg
IMG_8568_convert_20140706111140.jpg
IMG_8546_convert_20140706123420_20140706123908c6b.jpg
入居希望者は付近の住民が多く、現在30名程がWaitingListに載っており、3か月から半年待ちだそうです。

IMG_8574_convert_20140706110420.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。