プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「11月のケアラーズ カフェKIMAMAでは」

実は今日初めて知ったのですが、世田谷区の保坂区長が7月の記者会見で「ケアラーズカフェKIMAMA]の紹介をしてくださっていました。「地域共生のいえ」という世田谷区独自の取り組みの一例として取り上げてくださったのです。
世田谷区ではこの他にも「空き家資源の活用事業等、「まちづくり」に力を入れているようで、コミュニティカフェや認知症カフェ、ケアラーズカフェという名称がやっとでてくるようになりました。

11月20日(第3木)のケアラーズカフェ。あいにくの雨で寒いのにも拘わらず大勢の方々に来ていただきました。
若年性アルツハイマー症のNさんが初参加する予定でしたが、介護中のお嫁さんから「子供が高熱をだしてしまったのでいけない」との電話があり、急きょキャンセル、延期となりました。
前回から参加されているYさんは実母と義母を遠距離介護中。Aさんは昨年の9月のケアラーズカフェ開設以来の参加です。
実はその直後にご主人を亡くされたのです。その後どうしていらっしゃるかと気がかりでしたが、11月15日に主催した「高齢者のためのアロマテラピー」で久しぶりにお会いできたので、お誘いしてみました。アロマテラピーのボランティア活動をなさっている方なので、本日は希望者にハンドマッサージをしていただけることにもなりました。
このところ毎回参加されているNさんは持病の喘息の発作がでていると聞き及んでいましたので、無理だろうと思っていたところ、終了間際にお顔を見せてくださったので、1時間程延長することにしました。
東京都市大学のHさんは2度目の訪問、今回は卒論のためのアンケートを携えてやってきました。
この他にもナチュラルリングトラストのTさんが、友人2人同伴で参加してくれました。そのうちのおひとりは、「家で死にたいと言われたら読む本」の著者Sさんです。この日は多彩な顔ぶれで、ご自身も長年の介護経験のある傾聴ボランティアのSさんの話をきっかけに、他の介護者の近況や体験話へと話題がひろがりました。

IMG_1531_convert_20141201110552.jpg
IMG_1534_convert_20141201110635.jpg
IMG_1526_convert_20141220112157.jpg
IMG_1535_convert_20141220112347.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。