プロフィール

ケアラーズカフェKIMAMA

Author:ケアラーズカフェKIMAMA
ケアラーズカフェKIMAMA(きまま)は、自宅のリビングを開放して介護者のための居場所を提供しています。
日々介護に追われる人たちが、ほっとひと息つける場所。
気楽に集えて、おしゃべりをし、ちょっと気分転換できる場所。
「この場」が、そのお手伝いをできれば、そう考えています。
また昨年9月にケアラーズカフェをはじめたのをきっかけに、「地域共生のいえ※」になるべく準備をすすめてきました。
ひとりでも多くの介護者にこの場所を知ってもらい、忙しい介護の合間に、ひと息ついていただけたら、そう願ってのことです。

開放日:毎月第3木曜日13時~16時
参加費:ケーキとお飲物つき650円

どうぞお気軽にお越しください。


※「地域共生のいえ」とは、
オーナー自らの意思により地域の公益的かつ非営利なまちづくりの活動の場として、地域の絆を育み開放性のある活用がなされている私有の建物のこと
(一財)世田谷トラストまちづくりHPより


また同じ場所では、毎週火曜日11時~17時にコミュニティカフェ「きままなスイーツカフェ」を開催中。
詳しくは、きままなスイーツカフェfacebookをどうぞ。


お問い合わせは下記メールまたはお電話でどうぞ。

*ケアラーズカフェKIMAMA*
世田谷区桜丘5-15-11(桜丘区民センターとなり岩瀬宅)
03-3439-1650
harumi2014325@yahoo.co.jp

最近更新したブログはこちら
記事の種類
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義母が若年性アルツハイマーに…

5月20日(火)のコミュニティカフェ当日、若年性アルツハイマーの義母を介護しているお嫁さんが相談に訪れました。
幼稚園児連れのまだ若いママなので、アルツハイマーや介護保険についての知識もあまりないまま、日々の介護に忙殺されている様子です。お義父さまは実母の介護のため、妻の介護までは手がまわらない状態とのことです。
先月のコミュニティカフェにたまたまいらっしゃった折、色々とお話しをしていて知るところとなりました。
お子さんが近くの幼稚園に通っているので、その送迎時にお義母さまをカフェに連れてきたいとのお申し出がありましたので、是非にとお薦めしました。同時に、認知症ケアの専門である知人に相談してみたらどうかと持ちかけ、この日に実現したわけです。
お義母さんはまだお若く、就労意欲があり、通常のデイサービスの利用には難色を示しておられるようです。
知人は障害者就労支援事業にも関わっており、事業所によっては若年性アルツハイマーの方を受け入れている所もあるとのことから、いろいろと相談にのっていただきました。
お義母さまには火曜日のコミュニティカフェでも、木曜日のケアラーズカフェでも、いつでも気軽にお茶を飲みにいらしてくださるよう、お声掛けをしておきました。
スポンサーサイト

第8回ケアラーズカフェを開きました

5月15日(第3木)のケアラーズカフェはゴールデンウイーク明けだったため第2週と勘違いされたのか、はたまた雨模様だったせいか、参加人数がきわめて少なかったのですが、代田ボランティアビューローからスタッフが参加してくださいました。
4月に世田谷ボランティア協会に傾聴ボランティアの派遣をお願いしたところ、快諾してくださり、そのための下見にいらしてくださったのです。
代田ボランティアビューローでも、「ケアする人を支えるためのボランティア入門講座」を企画しており、11月にはケアラーズカフェの見学会も予定しているとか。その見学先として「ケアラーズカフェ1KIMAMA」を利用したいとのお申し出があり、お引き受けしました。他の見学先として阿佐ヶ谷のアラジンさんも候補に挙がっているとのことでしたが、練馬区の「COもれび」さん、それから柏市の「みちくさ亭」さんもお薦めしておきました。この2カ所は、アラジン主催の「ケアラーズカフェ立ち上げ講座」で知り合った仲間が主宰している所です。
ケアする対象は高齢者、認知症の家族、障害者、知的障害者と様々ですが、ケアする人を支えるための場を地域の中で数多く作ることが急務だということで意見が一致しました。
ケアラーズカフェ1KIMAMAへの傾聴ボランティアの派遣は7月から開始されることになりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。